ブログトップ
アシタノイエ/アシタノコドモ
c0057489_0464795.jpg

今日の建もの探訪はアシタノイエだった。

いつも遊んでもらっているメジロスタジオのお兄さんたちと
最近研究室のなにやらでご一緒する事が多い小泉先生の共作のお宅。
小泉先生のご自宅です。
オープンハウスにも行ったのだけれど、
そのときは家具も入っていなかったので
正直「住宅っていうか…」と思った。
とにかくどの室も閉じたところがなくて
どこかしらでつながっているので、
室とか部屋、という感じでもなく、
どちらかというとテリトリー。
そこに住人と家具が入って、やっと住宅らしくなる。
住み心地云々は、そのイエに住む人の価値観によるものだと思っているので、
どうとは思わないけれど、
ちょっと面白いと思ったのは、
人気建築家の建てた住宅なので、
いろいろなメディアや見物人がたくさん訪れるということ。
雑誌やテレビのためにカメラを向けられる事が多いイエは、
家なのに一般的に非日常の場となることが多くなる。
毎日ではないけれど
平日でもお客さんが来る家って、
家としてちょっとピリっとした空気になる機会が多いと思う。
住んでいる人もかしこまってしまうし、
いつお客さんが来るかも判らないので、毎日ちゃんときれいにしておかないといけない。
なにげに気の置けない感じ。家なのに。。。
カメラの前では、演じなくてはならないときもある。
テレビ収録の話を後で聞いたとき、
小泉先生のお嬢さんにピアノを弾かせるのが大変だったという。
気分がのらなかったので…
普通日常で誰かを意識して何かをすることってあまりないから、
ごく自然なことだと思う。
(でも上手に演じられていました、弾けてました。かわいかった〜!)
そんなアシタノイエで成長していくお子さんたちはどんな大人になっていくのか、
興味津々です。
ある日突然キレておうちが嫌いになっちゃわない事を(勝手に)祈ります。

ところで、テレビ放映後、
さっそくメジロさんの事務所に電話があったようです。
非通知で誰だか名前も名乗らなかったようなのですが、
自分建てたモノが(誰だかわからなかったようだけど)どこかに影響して
反響が自分のとこに返ってくる、って
建築屋さんを目指すわたしには素直に理想的なことです。
うらやますぅい〜。
早く建てる機会を得てみたいです。。。
でも学生もそうそう捨てがたい。。。

/jinko/

[PR]
by 2ldk-satellite | 2005-02-27 01:09 | リビング